社長が知らない営業の実態

社長が知らない営業マンの実態

朝礼

朝8時になったら朝礼。
「今日も気合を入れて売上を伸ばすぞ~。エイ、エイ、オー!!」

部長の掛け声とともに今日も一日が始まる。
「売り上げをあげて来るまで、絶対に戻って来るなよ~。」

部長の掛け声とともに、営業マンは気合を入れ朝9時には営業に出て行く。
どこにでもあるようなリフォーム会社の風景。

知らない人が見れば、凄く活気があって、やり手の会社を想像してしまいます。

行き先の無い営業

しかし、こんな会社の営業マンに限って、営業マンは全員外出するものの、途方に暮れています。
個人宅で朝9時に訪問アポなんて取れるはずがありません。
頑張って、仮にアポが取れたとしても、決定権を持っているご主人様がいないと話がまったく進みません。

自分に置き換えてみると良く分かります。
朝っぱらから用事もないのに、知らない営業マンの話なんて聞くはずがありませんよね。
では、朝9時に外出した営業マンは一体何をしているのでしょうか?

営業マン 衝撃の真実 ファミレス

仲のいい営業マン同士、携帯で連絡を取り合って
ファミレスで朝定食を食べているんですね…これが!!

そして、上司の悪口や今月の売り上げなど、お互いの腹の探り合い。
営業マンの本音といえば・・・。
「全く、こんな朝からアポ何て取れるはずがないや~。」
「今日はどうやって一日をサボろうかな~。」
「午後まで昼寝をしよう~。」

といった具合。
ひどい営業マンなんて、求人誌を見ながら、再就職先に電話をしている始末。

「ウソだろ。ウチのスタッフに限って…。そんなこと~あるはずない~!」 と思っていらっしゃるでしょうが、
私はこれまでに200社以上もの会社を見てきました。

公園でサボる

あなたの会社が例外的でないなら、同じような状態になっていると判断してください。

もしかしたら「俺は毎日一生懸命、営業をしている。一日だってサボったことがない。」と言う営業マンも中には一人ぐらい、いるかもしれませんが…。

多かれ少なかれ営業マンは必ず仕事をサボっています。

アポが入ってないときは、ファミレスや喫茶店に行ったり、車の中で昼寝をしたり…。
時間を潰すことに一生懸命・・・。

ではなぜ、営業マンは仕事をサボるのでしょうか?
何度も言いますが私は200社以上の会社を見てきました。

200社のデータ

200社の会社のデータを分析すると、面白いことが分かってきました。
営業マンがサボる理由にはあるパターンが存在していたのです。

こんなこと、200社以上、毎日毎日、それこそ、これを本業にしないと見えてきません。
「おい、おい、モッタイぶらずに早く教えてよ~!!」
分かりました。 特別に、このホームページを読んでいるあなただけにコッソリと、営業マンがサボってしまう決定的な理由をお伝えしましょう。

なぜ営業はサボるのか
Copyright(c) 2014デジタル通信株式会社 All Rights Reserved. Design by http://f-tpl.com